おっぱい展 昨年の収益のこと

昨年初めてチャリティーアート展OPPAI、を開催して

たくさんの方に協賛していただき、チャリティーTシャツやグッズを購入していただき、

イベントでは募金をしていただきました。

その大切なお金をどこに寄付するか、かなり迷いました。

様々な乳がん啓蒙活動をしている団体に問い合わせてみたり

行政に問い合わせてみたり、

今年のおっぱい展で乳がん検診ができるように

マンモグラフィー検診車を手配しようかと考えたり。

でも、「おっぱい展らしい活用」が見当たりませんでした。

散々、ネットで何かいい手段はないか、おっぱい展らしい啓蒙活動に結びつくものはないか

検索して、そんな時にたまたま巡り合ったのが福井県で乳がんサバイバーの高橋絵麻さんのブログでした。

初めは何となく開いて、何となく読んだブログ。

何か惹かれるものがあり、どんな方のどんなブログかわかりませんでしたが、乳がんサバイバーの高橋絵麻さんのブログでした。

とても私の中でズーンと響くものがありました。

途中まで読んで、いてもたってもいられなくておっぱい展実行委員メンバーの女子たちに

すぐに絵麻さんのブログを読んでもらいました。


絵麻さんが伝えようとしていることや、

全国で開催したい写真展の趣旨がおっぱい展のコンセプトと通じるものがあって、

私と考えているもの見えているものが同じでした。

まさか!!!

と思ってよく読みすすめると、彼女は私と同じ36歳。

そして、小さなお子さんのいるママでした。


すぐに高橋絵麻さんに連絡させていただき

おっぱい展のことをお話ししました。


こんなまるで引き寄せのような結びつきがあり、

今年はチャリティー企画として「生きるを伝える写真展」を開催いたします。


『生きるを伝える写真展』

病で髪を失った女性、その家族。

それぞれの「生きる」の形を通して、ありのままの美しさを、そして「生きるとは何か?」を感じて欲しい ー。

ひとりの乳がんサバイバーの想いが多くの共感を得てかたちになりました。

あなたの大切な人と一緒に、ぜひお越しください。

がんサバイバーや、脱毛症。

病がきっかけで髪を失った方の美しく、軽やかに生きる姿を伝える写真展です。

髪の毛がない。そのことを受け入れるのに、それぞれたくさん感じ、悩み、考え、今を生きてる。

今回モデルとしてご協力くださった皆さんは、ありのままを受け入れ自分が同じ悩みを抱える方の光になりたいと、私の想いに賛同してくださいました。

がんも脱毛症も特別な病でなく、本当に身近な病。

だからこそたくさんの方に見てほしい。知ってほしい。


●髙橋 絵麻プロフィール●

2015年10月にステージ3aの右乳がんと診断され、手術前に抗がん剤とホルモン療法を約半年受ける。

告知された約2カ月後には癌であることを公表し、「しこり触ってキャンペーン」を実施。

それは自分と家族を守るため、そして自分と同じような子育て中のママにも乳がんになる可能性があることを知ってもらう為だった。手術までに約250人がキャンペーンに参加した。

その後昨年5月に全摘手術を受け、現在は、「自分を大切にして欲しい。もっと自分と向き合って人生を楽しんで欲しい」そういうメッセージを伝えるために活動を続けている。 

Charity Art Exhibition Oppai、

(おっぱい展)

「おっぱい」をテーマにした入場料無料のアートフェスティバル

2018年 10/1(月)〜10/8(月・祝)

※10月1日はピンクリボンデー

会場:いいかねPalette

( 福岡県田川市猪国2559)

後援:田川市・田川市教育委員会

主催:おっぱい展実行委員会

 ( MAIL: oppai.exhibition@gmail.com )

HP : https://oppai-art.localinfo.jp

0コメント

  • 1000 / 1000