陶器の使い始めにしてもらいたいこと

手作りの器を長く大切に使っていただくために、意外と知らない陶器のお手入れ方法をご説明します。


陶器は吸水性が良く、汚れや色素で染まりやすい性質をしています。

おろしたての器をそのままの状態でいきなり使ってしまうと、色が染み付いてしまったり油などのシミがつき落ちなくなります。

そのため器のおろし初めの処理として、

お湯で煮るか、お水に一晩つけおきするのがおすすめです。

このように手入れすることで生地の中まで水分が浸透してくれます。 

※全体的に色味が暗く変化しますが、使っていくうちに馴染んできます。



お手入れの手順

①陶器が収まる大きさの鍋を用意します。

 鍋に器とかぶる程度の水を入れ30分くらい煮沸します。

 ※水のかわりにお米のとぎ汁を使うと土の目が埋まり、汚れが付きにくくなります。

②鍋に入れたまま自然に冷まします。

 お米のとぎ汁を使った場合はぬめりを落とすように水洗いします。

③洗った器はしっかりと乾燥させてください。



水漏れの防止策

お湯のみやコーヒーカップ・花器などは何も手入れをせずそのまま使用すると水漏れを起こす可能性があります。

例えば長時間コーヒーやお茶などを入れたまま放置しているとジワジワと漏れてくる場合があります。

水漏れを防ぐためには、濃いめのお米のとぎ汁一握りの小麦粉を水に溶かしたものを火にかけ約20〜30分煮て、乾かす作業を繰り返すと水漏れの防止になります。 



日常のお手入れ

普段のお手入れとしては、スポンジを使って優しく洗います。食洗機の使用も可能です。

キレイに洗った器をしっかり拭いてから食器棚に入れてください。

陶器には吸水性があるので生地が水を含んだままにすると底からカビがはえることもあります。

そうさせないためにはしっかり乾かしてくださいね。

大切に作った世界に一つの器は立派な作品です。長く使うためには大切に扱ってください。


電子レンジとオーブンのご使用  

通常、電子レンジやオーブンは問題なく使用できます。

しかし、小さなヒビが入っていたりダメージがかかっている場合、電子レンジやオーブンを使用することでヒビが入ったり水が漏れを起こす可能性があります。

使用の際は自己責任でお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000